一生に一本の印鑑

  • RSS

印鑑にはいくつか種類があるというのはご存知の方が多いでしょう。
中でも、公的機関に登録して、大きなお金が動く契約の時や身元を保証する場合に使用される、言わば法的に本人であることを証明してくれる制度で使われる印鑑が実印です。

基本的に一度登録したらずっと使い続ける、一生に一度、一生に一本の印鑑なのです。
ですから、破損に強い材質を選ぶべきであると言えるでしょう。

印材にはたくさんの種類があり、当然ですが堅い材質が印鑑に使用されています。
その中でも最近はチタン製の印鑑が流行っています。
堅くて押印の際にも気持よく決まる、ということで評判です。

このページの先頭へ